サービス内容


居宅介護支援事業所

~ ケアプランの羽 ~


居宅介護支援事業所とは

自宅で生活される要援護者が、安全に安定した生活をするために適切な介護サービスを利用できるよう、ケアマネージャー(介護支援専門員)が計画(ケアプラン)を作成します。また、要介護、要支援申請(要支援、要介護認定者)のお手伝いや要介護者、要支援者の居宅サービス計画(ケアプラン)を利用者や家族に寄り添いながら作成をいたします。
各相談手続は無料です。まずはご相談下さい。

ケアマネージャーの役割とは

要介護、要支援の認定を受けた方の相談にのり、その方の生活や希望を踏まえ、適切なサービスを利用したりすることで、安定した生活が送られるよう、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成します。また、サービス事業者に連絡をしたり、情報を提供させていただいたり、関係調整を図ります。

ケアプランとは

要支援、要介護認定を受けたご利用者様が希望に沿った生活を送れるように、必要な介護サービスを回数、利用金額を考慮して作成する介護サービスの計画書(プラン)をいいます。ご自身で作成することも可能ですが、依頼頂くことで専門的に知識等を活かして、適切なプランを作成させて頂きます。

サービスの流れ

要介護認定

介護保険サービスを受けるために、申請し認定してもらわなければいけません。そのお手伝いをします。

必要性の把握

要支援・要介護認定を受けた方で担当になった利用者様のご自宅を訪問します。そして、日常生活において介護サービスが、どの程度必要性があるかを相談、検討します。

ケアプランの作成

プランをご利用者様、ご家族と相談しながら作成します。

サービス担当者会議

ご利用サービス事業者の担当者やご家族、ご本人を交えて会議をおこないます。

サービス事業者契約

サービスを利用する事業者と契約をします。

サービススタート

  • 訪問介護
  • 訪問入浴
  • 訪問看護
  • 通所介護(デイサービス)
  • 通所リハビリテーション
  • 短期入所療養介護(ショートステイ)
  • 福祉用具レンタルなど